瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ おすすめ 1コ入 豪華ラッピング無料 ミルキーブルー

瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー(1コ入)

1497円 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー(1コ入) ペット・ペットグッズ ペット用食器・給水器・給餌器 食器 1497円 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー(1コ入) ペット・ペットグッズ ペット用食器・給水器・給餌器 食器 にゃん楽食器,sibgeotop.ru,ミルキーブルー(1コ入),ペット・ペットグッズ , ペット用食器・給水器・給餌器 , 食器,/aerolithology1180448.html,瀬戸焼,水のみ,1497円,にゃん楽食器,ミルキーブルー,水のみ,瀬戸焼 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ 【おすすめ】 1コ入 ミルキーブルー にゃん楽食器,sibgeotop.ru,ミルキーブルー(1コ入),ペット・ペットグッズ , ペット用食器・給水器・給餌器 , 食器,/aerolithology1180448.html,瀬戸焼,水のみ,1497円,にゃん楽食器,ミルキーブルー,水のみ,瀬戸焼 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ 【おすすめ】 1コ入 ミルキーブルー

1497円

瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー(1コ入)






お店TOP>ペット用品>猫用品(グッズ)>猫用食器(ボウル・給水器・給餌器)>食器・ボウル(猫用)>瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー (1コ入)

【瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルーの商品詳細】
●1000年以上もの歴史を持つ伝統的な愛知県瀬戸の窯元で、一個ずつ丁寧に焼き上げた陶磁器です。

【瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルーの原材料】
陶磁器
【注意事項】
【使用上の注意】
・ペットの食器以外の用途には使用しないでください。
・安定した平らな場所に置いて使用してください。
・使用前に破損個所が無いか必ず点検してください。
・ヒビ、欠け、割れなどが見つかりましたら使用をすぐに中止し、事故防止のため新しいものとお取替えください。
・割れた箇所や欠けた箇所に触れると、ケガをすることがあります。
・直火・オーブン・グリル等の加熱器具を使用しないでください。
・陶磁器は強い衝撃や急激な温度変化で、割れたり欠けたりすることがありますので丁寧にお取扱いください。
・液体を入れて凍らせないでください。
・食器や床が濡れたままでご使用になると滑り止め効果が効かなくなる場合があります。
・紙の上に長時間のせると、シリコン部分に紙が付着したり、印刷物がうつり込む場合があります。
・幼児・子供・ペットの触れないところに保管してください。
・保管時は直射日光や高温・低温になる所は避けてください。
・使用法の誤りや不当な分解・修理・改造などによる事故については、責任を負いかねますのでご了承ください。
・廃棄する際は、各自治体の指示に従い分別してください。
【お手入れの方法】
・洗浄の際はやわらかいスポンジで中性洗剤を使用してください。
・研磨剤入りのスポンジやたわし、クレンザーなどを使用しないでください。
・漂白剤、アルコール、シンナー、ベンジンは使用しないでください。
・手作りの工程が多く、また天然の原料を使用しているため、ひとつずつの重量や大きさ、容量に誤差があります。
・また表面の波目、くぼみ、小さな穴等がみられる場合があります。
・陶磁器は釉(うわぐすり)を塗り焼くことで色と艶を出します。
・貫入といわれる細かいヒビや色の誤差、溜まりムラが生じます。
・特性上のバラつきについて、あらかじめご了承ください。

【原産国】
日本

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
ペッツルート

こちらの商品は、ペット用の商品です。

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

(せとやき ニャンラク しょっき 水飲み みずのみ みるきーぶるー)

ペッツルート
581-0818 大阪府八尾市美園町4-154-2
072-997-8561

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5042

[ペットのサークル・雑貨など]

瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー 瀬戸焼 にゃん楽食器 水のみ ミルキーブルー(1コ入)

セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

期間限定まるごと無料作品

マンガの新着・話題作

\ まずはここから /

ライトノベルの新着・話題作

小説・ビジネスの新着・話題作

その他のジャンル

ページ先頭へ

本文の終わりです